2013年12月29日

一次関数の利用の問題の解き方 グラフ(2)

<問題>
下の図のように、点A(−2、0)とx座標が6の点Bがあり、
直線ABとy軸との交点をCとする。また、点Bを通り
傾き1/2の直線とy軸と交点をDとし、点Dのy座標は、
点Cのy座標より大きいものとする。△ABDの面積が
6㎠となるとき、2点A、Bを通る直線の式を求めなさい。
ただし、座標軸の1目盛りを1pとする。

0164.jpg
--------------------------------------------------------------
一次関数のグラフの利用の問題です。
なかなか難解な問題です。

文字を使って式を表し、あとは=で結べるものをさがして、
少しずつ文字の値を解明していきます。

問題文を丁寧に読み、今まで習った知識をいろんな角度から
検証して答えに辿り着いていってください。

この問題は何回も解くことをおすすめします。


では、解説をノートでご覧ください。(ノートに問題も書いてあります)

0165.jpg

0166.jpg

0167.jpg



posted by むらさき at 00:43| Comment(0) | 一次関数の利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。