2014年01月22日

三角形の相似の証明と線分の長さを求める問題

<問題>
下の図において、5点A、B、C、D、Eは円Oの円周上にあり、
BA=BC、AE//BDである。また、ACとBEの交点をF、
ACとBDの交点をGとする。このとき、次の各問に答えなさい。

(1)△ABG∽△BFGであることを証明しなさい。
(2)BG=3cm、FG=2cmのとき、AFの長さを求めなさい。

0214.jpg
--------------------------------------------------------------------
(1)は線分の長さの記述が出てこないので、証明に使う条件は
2組の角がそれぞれ等しいになると予想できます。

あとは、等しい角になるところを見つけていきます。
1回で証明したい三角形の等しい角が見つけられないので
印をつけながら、整理して探していきましょう!

では、ノートをご覧ください。

0215.jpg

0216.jpg



posted by むらさき at 14:37| Comment(0) | 図形の証明(相似) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。