2016年02月12日

一次関数の利用の問題の解き方 動点(2)

【問題】
275-01.JPG
1辺が12cmの正方形ABCDで、点Pは辺CD上を頂点CからDまで秒速2cmの速さで動く。Pが出発してからx秒後の台形ABCPの面積をy㎠とするとき、次の問いに答えなさい。
------------------------------------------------------------------------------

動点の問題は、動く点によってできあがる図形の面積yを求める式を基本に、様々な問題に展開させていくものが多いです。基本問題では三角形の面積をyとするものがよく見られるのですが、今回の問題は台形です。台形の面積の公式はしっかり確認しておきましょうね。

台形の面積=(上底+下底)×高さ×1/2

では、ノートをどうぞ。

275.jpg




posted by むらさき at 16:43| Comment(0) | 一次関数の利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。