2014年02月27日

円柱の表面積の求め方の基本

<問題>
(1)〜(5)のような円柱の表面積を求めなさい。
(1)底面の半径が3cm、高さが5cmの円柱の表面積
(2)底面の半径が4cm、高さが8cmの円柱の表面積
(3)底面の半径が2cm、高さが9cmの円柱の表面積
(4)底面の半径が5cm、高さが3cmの円柱の表面積
(5)底面の半径が8cm、高さが10cmの円柱の表面積

-----------------------------------------------------------
円柱の表面積は、側面積の長さがしっかりと求められれば怖くない問題です。
ただ、この単元は覚えなくてはならない公式が多く、混乱している生徒さんがよくいます。

確実に覚えるためには、この問題のように長さの部分を変えただけの類題をたくさんこなし、
解き方を身につけていくことです。

苦手な子は特に、他の公式には手を出さず、ひとつのことを徹底的に覚えた方がいいです。

では、ノートをご覧ください。

1問につき1枚ずつノートでまとめてあります。

0248.jpg

0249.jpg

0250.jpg

0251.jpg

0252.jpg


posted by むらさき at 23:43| Comment(0) | 空間図形の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

円錐の空間図形から表面積を求める基本公式と裏技

0066.jpg

このような問題のときには、以下のように展開図を描いて求めるように教わったと思います。

0067.jpg

この問題の基本公式は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
0068.jpgとすると
0069.jpg

これを上の問題にあてはめると
0070.jpgとなります。

しかし、もとの公式をいじると、もっと簡単に求めることができます。
0071.jpg

図式化して分かりやすくすると・・・
0072.jpg

受験生はスピードも必要になってきますので、こういった裏技に頼るのもアリだと思います。
ただ、基本やそうなる理由が分からないうちに使うのは、身につかない原因となりますので
しっかり理解してから使い始めてください!

そして、公式を自分のものにするには、パターン化された問題での練習が効果的です。
手作り感満載(笑)プリントと答えですが、用意してみましたので、よかったら使ってくださいね!
※クリックすれば、PDF画面が出てきます。

問題⇒円錐の表面積-1.pdf
答え⇒円錐の表面積-1答え.pdf

posted by むらさき at 23:38| Comment(0) | 空間図形の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。