2015年02月14日

平方根 √を自然数にするとき・・・の問題の解き方E

<問題>
一の位が0でない2けたの自然数があり、Pの十の位の数と一の位の数を入れかえた数をQとする。P−Q=45であり、√P+Qが自然数となるとき、Pの値を求めなさい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2けたの自然数といったら、まずは10a+bを思い浮かべてくださいね。
あとは、問題文から式をつくり、自然数にするために便利なように式を変えていきます。
ここの式の変化が思いつくかどうかが分かれ目の問題ですね。

ノートをみて考え方を身につけてくださいね。

276.jpg






posted by むらさき at 23:44| Comment(0) | 平方根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

平方根の大小@

<問題>
6<√2n<7を満たす整数nはいくつありますか。

----------------------------------------------------

平方根の大小の問題です。
入試問題でいえば、問1によく出てくる問題ですね。
平方根は、出たばかりのころは苦手意識をもつ生徒さんが多いですが、
慣れるまで繰り返し練習することが大切です。がんばりましょう。

では、ノートをご覧ください。

256.jpg
posted by むらさき at 20:29| Comment(0) | 平方根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

平方根 √を自然数にするとき・・・の問題の解き方D

<問題>
aを自然数とするとき、√4950aの値が自然数となるような
最も小さいaの値を求めよ。

--------------------------------------------------------------
入試では問1で出てくる問題ですね。
ここらへんは、スピードアップも意識しながら練習するといいでしょう。

では、ノートをご覧ください。

0220.jpg


posted by むらさき at 22:01| Comment(0) | 平方根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

平方根 √を自然数にするとき・・・の問題の解き方C

<問題>
√5(70−n)が整数となるような、最も小さい自然数nの値を求めなさい。

---------------------------------------------------------------------------
このパターンの平方根の問題としては、難易度高めです。
が、ひとつずつ考えていけば答えは出てきます。

頭の中で計算は済まさず、きちんと書いて確認していきましょう!

では、ノートをご覧ください。

0211.jpg
posted by むらさき at 22:10| Comment(0) | 平方根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

平方根 √を自然数にするとき・・・の問題の解き方B

<問題>
√2000−50nの値が整数となるような自然数nのうち、最も小さいものを求めよ。

----------------------------------------------------------------------------------
まずはノートをご覧ください。

0201.jpg

この問題の最後の計算ですが、全部をやる必要はありません。
√の中が80−2nであるので、=で結ばれる数
(ノートのオレンジの線でマーカーしてある数)が大きければ
nの値は小さくなるからです。

なので、80以下の平方数でいちばん大きいものから計算していき
分数にならなかった時点で計算は終了です。

もちろん、理解のため一つずつ計算していくのもアリです。
数学が苦手なら、こういった問題が大事な得点源にもなると思いますので
確実に○になるよう解いていってくださいね。

posted by むらさき at 20:05| Comment(0) | 平方根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。