2013年12月18日

一次関数の基本問題の解き方 2直線

一次関数の基本問題をやります。

教科書に載っている基本中の基本ではなく、教科書の基本から
問題をどこまで読みとれるかがポイントになってきます。

今回の問題は・・・

次の2直線の関係を考えるとき、交点がないものはどれか。すべて選んで記号で答えよ。

です。(ノートにも問題は書いてあります)

2直線で交点がない、というのは、2直線が平行だということです。
直線の式を求める問題で、「y=2x+5と平行で・・」とあると、傾きは平行で等しいと習いました。
2直線が平行だということは、2直線の距離は常に一定で、交わることがないということです。

こういったことがすぐ思いつくかどうかは、練習量次第になります。

では、ノートをご覧ください。

0142.jpg


posted by むらさき at 00:20| Comment(0) | 一次関数の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。