2014年01月08日

因数分解の応用問題の解き方

<問題>
I2+7I+aが、正の整数b、cを用いて、(I+b)(I+c)と
因数分解できるような定数aの値をすべて求めよ。

---------------------------------------------------------------
因数分解の応用問題です。
式をどういった視点で見ていくのか、解説ノートで確認してくださいね。

定番の問題だけでなく、これから入試に向けていろんな問題に対応できる
力をつける為に、いろんな都道府県の問題に触れておくといいと思います。

では、解説をノートでご覧ください。(ノートに問題も書いてあります)

0186.jpg



posted by むらさき at 23:28| Comment(0) | 因数分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。